楽しいを仕事にするアイディアニスト田辺一雄の公式サイト

トレンドは追いかけるモノじゃない。創りだすモノだ。って思ってアイディアでいろんな問題を解決するアイディアニストの田辺一雄のブログです

ビジネス

HL-L8250cdnのレビュー(トナー情報あり)

2017/04/07

利用頻度の高いカラーレーザープリンタだとトナーのランニングコストのこととかいろいろと考えて買わないと、結構高い買い物になってしまうってことありますよね。いろいろと検討してみて今回はブラザーのHL-L8250CDNを買ってみたのですが、そのレビューをどうぞ。

カラーレーザープリンタが壊れたのでブラザーのHL-L8250CDNに買い替えた

ブラザーのHL-L8250CDNを買ったのですが、理由は使っていたOKIのカラーレーザープリンターのC301Dnが不調になり、修理依頼するよりは買い替えた方が安いと判断したからでした。

購入のポイントとしては、やはりイニシャルコストである本体の価格と、ランニングコストのトナーの価格でした。

brother-HL-L8250cdnレビュー

ちなみにHL-L8250CDNを買ったのはamazonでなのですが、ぼくが買った時点で26,903円でした。

HL-L8250CDNを何に使っているか?

うちの会社にはリコーの複合機もあったりしますが、このランニングコストがあまりにも高いので、A4までのカラーの印刷物であれば安いカラーレーザープリンタを使うようにしています。A4カラー印刷はウォールステッカーの通販でお買い上げいただいたお客様に取扱説明書的な冊子を一緒にお送りしていますが、この冊子を印刷するのに使っています。

月に100件以上の受注があるので、単純に毎月100部(14ページぐらい)作るのですが、施工写真やお客様からお送りいただいた事例などの写真が多いのでトナーの減りはかなり早いのです。

月の印刷枚数は500枚は普通に超える計算なのですが、それでもまだ印刷会社に出すほどでもないので社内で対応しています。

購入の決め手は価格と再生トナーがあるか

このブラザーのHL-L8250CDNに決めた決定的な理由は再生トナーが流通しているか?です。

いろいろと調べてみると楽天で売ってるのが結構安いのとポイントアップの時に買うと結構ポイントも大きいなと言うことで、ぼくが買っているのはこの楽天のトナーのセットです。

純正トナーでは価格が高いですが、4本セットで4万ほどします( ゚Д゚)

流石に印刷枚数が多いとなるべく純正トナーよりも再生トナーの方になってしまいますよね。

HL-L8250CDNはの印刷枚数は?

純正の最初についてくるトナーで約12ページの80部ほど印刷できたので960ページ程ですね。写真も多いのでこれぐらい印刷できるといいですね。ちなみにリコーの複合機では同じものを印刷して40部も印刷できませんでした。

純正トナーがなくなったので再生トナーを使っていますが、同じぐらいかそれ以上印刷できそうです。写真が多いわりには枚数を多く印刷できるなと思います。

再生トナーってトラブルにつながるのか?

いろいろとカラーレーザープリンタを使ってきたんですが、再生トナーを使って一番多いのがトナー漏れじゃないかと思います。あとはトナー自体が認識しないと言うことも過去にはありましたが、そういうものは販売しているところに伝えるとすぐに変えのトナーを送ってくれます。

予備で複数の本数トナーが置いてあれば同じ色の他の再生トナーに変えれば問題ないかと思いますが、急いでいるときにトナーないと困りますよね。。。ごくまれにですがそう言うこともあったので、基本的に同じいろを2本ストックするようにしていました。

故障したら買った方が安い

もったいないと思うかもしれないのですが、カラーレーザープリンタは故障して直すよりも、新しく買っちゃった方が安くつくことが多いようです。保証期間内であれば無償修理してもらえることもあるかと思いますが、使いまくるとだんだんとトラブルも増えてきます。紙詰まりであったりドラムを交換しないといけないとか。

そんな時にはあっさり買い替えちゃった方が安くあがります。

ブラザーのHL-L8250CDNの場合、ドラムがamazonの価格でこんな感じです。

2017/01/20現在で15000円弱です。

そして、ベルトが

24,000円ほどです。

つまり、ベルトを交換しようと思うと、本体の26,000円ぐらいになっちゃうと言うことです。

もったいないかと思うかもしれないのですが、ベルトがダメになった場合には本体を買い替えるということの方がトラブルも少なくなり良いことがわかりますね。

再生トナーの印刷のクオリティーはどうか?

純正トナーとかなり安いリサイクルトナーを使っているのですが、リサイクルトナーでもそんなに純正トナーに比べて印刷の品質も落ちることはなく、個人的にはどっちが純正トナーで印刷したものか?と聞かれてもわからないレベルです。これならリサイクルトナーでも十分かなと思います。

純正トナーとの価格が1/4ですからね。これはリサイクルトナーを選んでしまいますね。

HL-L8250CDNはパフォーマンスいいからおススメです

と言うわけで、実際にOKIのC301dnを使っていてブラザーのHL-L8250CDNに乗り換えたわけですが、コストパフォーマンスも良いし、印刷品質もいいので乗り換えても問題なかったかなと思います。到着して1週間も経っていませんが、既に1,000枚ぐらいは印刷しています。今のところはエラーは朝に結露のエラーが出たぐらいで、再生トナーを使っているときによくあるトナー漏れぐらいかなと思います。

brother-hl-l8250cdnレビュー

リコーの複合機MP-C1803の横にブラザーのHL-L8250cdnで、奥に見えるのはブラザーのA4モノクロレーザープリンタHL-L2360Dですが、リコーの複合機はカウンター契約じゃないのでかなりランニングコストが高くついてしまいました。カラーでの印刷はA3以外には使わないでしょうね。。。

結構A4のカラー印刷をすると言う場合にはブラザーのHL-L8250CDNはおススメですよ。

関連コンテンツ



-ビジネス