楽しいを仕事にするアイディアニスト田辺一雄の公式サイト

トレンドは追いかけるモノじゃない。創りだすモノだ。って思ってアイディアでいろんな問題を解決するアイディアニストの田辺一雄のブログです

iPhone

iPhone6と6plusのカメラの良いところ悪いところ

iPhone6と6Plusのカメラがスゴくなった!

iPhone6と6Plusが発売されて間もなく1週間が経とうとしています。iPhone3GSからiPhone4,4s,5,5sと歴代のiPhoneは毎回購入しているわけですが、どんどんとiPhoneのカメラの機能がよくなってますね。iPhone6と6Plusでもカメラがかなりスゴくよくなってます。

そんなiPhone6plusの良いところ、悪いところをちょっとまとめてみました。

iPhone6と6Plusのカメラ機能がすごい

iPhone6PlusとiPhone5cとのカメラで撮った写真の比較

iPhone6PlusとiPhone5cで撮影した写真を比べてみれば、カメラがよくなったと言うのは一目瞭然です。

iPhone6plusで撮った写真

上の写真はiPhone6Plusで撮影した写真です。

次の写真はiPhone5cで撮影した写真です。

iPhone5cで撮った写真

暗い時間にiPhone6PlusとiPhone5cで撮った写真なのでISO感度を上げて撮るためノイズが出てくるかと思います。そのノイズの荒さがiPhone6plusで撮った写真とiPhone5cと比べると明らかにiPhone6Plusの方がよくなっているってわかりますよね。また、写っている範囲も見るとiPhone6Plusの方が広く写っているのがわかるかと思います。

iPhone6Plusの光学手振れ補正もいい感じ

上の2枚の写真ではよく見るとiPhone5cの方は少し手ぶれが生じています。手ぶれまでは同じ条件と言うのは難しいのですが、iPhone6Plusでは手ぶれがほぼ無く、かなりくっきりとしているのがわかるかと思います。光学手振れ補正の機能がPlusでは付いているのでこれが結構効いているんじゃないかなと思います。

iPhone6,6Plusの標準カメラアプリで明暗の設定も可能

iOS8からだと思いますが、iPhoneに最初から付属しているカメラアプリもよくなっています。何がよくなっているかというと、明暗の設定が画面をタッチすることで可能になります。

iPhone6plus カメラアプリ

カメラでフォーカスを合わすところでタップするとフォーカスの四角い黄色い枠と、その横にランプのマークが出てきます。

このランプマークを上げたり下げたりすることで明るさを変更することが可能です。夕焼けなどを撮影するときや光と陰を強調したいと言う場合には、この明るさを変えることでスゴく雰囲気の良い写真になります。

明るさを少し暗くしてみるとこんな感じになりますよ。

iPhone6plus写真サンプル

iPhone6,6Plusのカメラ関係で残念なこと

iPhone6と6Plusのカメラで超残念なことが1つだけあります。

それはスリープボタンが上から横に変わってしまったことです。横に置いて写真を撮りたいときにスリープボタンがあるので水平にならないんです。。。そして、水平にしようとちょっと力を入れるとスリープボタンが押されてしまうんです。。。コレさえなければiPhone6,6Plusは最高なんですが。

iPhoneでの写真をさらに楽しむために

iPhone6や6Plusでは結構広く撮れるようになったんですが、やっぱりマクロや魚眼なども撮りたいって思うことありますね。そんなときに下のようなレンズを使うのもいいんじゃないかなと思います。

デジタルズームよりも光学ズームの方が明らかにいいですしね。

スマホ・iPhoneに挟むだけ!魚眼、接写、ワイド撮影が簡単にできちゃう スマートフォン レンズ3...

iPhoneでFacebookに写真をアップするときにたった2つの操作で空の写真をいい感じにする方法を書いたブログ記事もよかったら見てみてくださいね

超簡単 iPhoneでFacebookに写真をアップする時に青空がキレイになる方法

関連コンテンツ



-iPhone